元祖西遊記スーパーモンキー大冒険イメージイラストいわば空想力の具体化
元祖西遊記
スーパーモンキー
大冒険

1986年11月21日発売
 定価 4,900円(税別)
 開発・発売:株式会社Vap
迷路ゲーム+アクション

 

ゲームの紹介

 『西遊記』の三蔵法師、孫悟空達の旅を再現したゲームです。 旅の苦労を存分に味わえるように、様々な配慮がなされています。

 彼らは遙か彼方の”天竺”と呼ばれる地へ、”ありがたいお経”を求めて旅をします。旅の途中には金角・銀角をはじめとする妖怪、燃えさかる火炎山が行く手を遮ります。また、旅を続けるのに必要な水、食糧は旅先で入手していかなければなりません。

しかし、一言で言えばただの迷路ゲームです。

 フィールド上で孫悟空一行が出来るのは、歩くだけ。コマンドを出して、意味もなく地面を調べたり、話しかけたり、道具を使ったり、呪文を唱えるなんて事はさせてもらえません。

 この歩くのが、またやたら遅いのです。 しかし、遊んでいれば分かると思いますが、このゲームに於いては、「移動の軽快さ」は似合わない、雰囲気を損なうものだと思うようになるでしょう。そう、これでいいのです。それは、のんびりてくてくと歩くという旅の情緒を損なわず醸し出しています

 普通のRPG等では、マップは”こちらへ進め”と自然とプレイヤーを導くように作られていますが、このゲームではただひたすら歩き回り、道を探し出すしかないのです。しかもこの世界は異様に広く、約700画面(一画面12×16キャラクタ)もあります。

 のんびりとフィールドを歩いていると、穏やかに時間が流れていきます。と、突然の妖怪との遭遇。怒濤のような矢、炎を飛ばしてくる敵たち。戦い方を知らなければ、あっという間に全滅の憂き目を見ます。

 時が経ち、一行の食糧が尽き果てると、飢えが彼らを死の淵へと押しやっていきます。これを避けるためには、世界の所々にある家を訪れて食糧と水を恵んでもらわなければなりません。食糧と水が尽きると、あっという間に飢えで死んでしまいます。常に残量に気を配らなければなりません。

 道中、通らなければならない所を、強力な魔物が立ちはだかります。もちろん彼らを倒さなければ先へは進めません。さらには”天竺”の前には、「火炎山」という名のバリアーが張り巡らされ、それを破るには「羅刹女」を見つけだし、倒さなければなりません。

 さあ、あなたは天竺にたどり着くことが出来るでしょうか?

 かつてはクリア不可能と呼ばれたこともあるこのゲーム。しかし、やる気さえあれば、実は全然簡単なゲームです。地図を書く、時間と労力さえ惜しまなければ、攻略を見る必要は一切無いのです。技術も要りません。
つまり、やる気を出させる何かが・・・(涙)

(文責:ELIRIN)
  
当ページでは、孫悟空が乗っている雲の名前、
”キントウン”を「角カ斗雲」と表記します。

操作方法

  
フィールド画面
十字キー :移動。斜めも可
SELECT :ゲームの一時停止
START :無使用
Aボタン :無使用
Bボタン :無使用
戦闘画面
十字キー :左右移動
 角カ斗雲中は上昇・下降
SELECT :一時停止
START :竜変化の術・解除
Aボタン :如意棒で攻撃・竜で炎を吐く
 戦闘画面から抜ける
Bボタン :ジャンプ
 ジャンプ中で角カ斗雲の乗降
 
・ コンティニューについて

 道中、いくつかの都や家で表示されるコマンドを、タイトル画面で入力することで途中から始める事が出来ます(正確にはコンティニューではない)。
 表示されるコマンドは「A」と「AB」の組み合わせになっています。「A」=Aボタンだけ押す、「AB」=Bボタンを押しながらAボタンを押す、と言う意味です。
 入力後、スタートボタンでコンティニュースタートします。
 コマンドを使用して始めると必ず、仲間が全員そろっていて、体力・食糧・水全て満タン状態から再開できます。


時間・食料


・ 時間について

 フィールド・戦闘画面の両方とも、時間の経過につれて、

>明け方>朝>昼前>正午>夕方>宵>夜>深夜>

と、8段階で背景が変化します。
 現在の時刻は、画面左下のバーで表示されます。
 戦闘画面では、フィールド画面より4倍の速さで時間が流れます。
 時間が流れる速さは次の通りです。

実際時間単位=分:秒
時間帯の間隔 一日の長さ 体力の増減 餓死するまで
フィールド 02:45  21:40  00:20  04:40 
家屋・戦闘 00:42.5 04:40  00:05  01:10 
*処理の関係で、必ず若干誤差が出ます。

・ 食料・水について

 一日に2回、「」と「」になった瞬間に、食事が自動的に行われます。
 左下の時刻表示バーに、太陽と月が描かれている時刻です。
 この時に食料、又は水が無い状態だと「飢餓状態」になり、体力が減り始めます。体力が減る速さは上表の通りで、14分の1ずつ減っていきます。
 また、ちゃんと食事がとれていれば、戦闘や飢餓で減った体力は飢餓の時と同じ速さで回復します。

 孫悟空を含め、仲間はそれぞれ食料と水のどちらが必要かが決まっています。必要でない方が尽きても、必要な方が残っていれば飢餓状態にならず、体力は減りません。

  食料が必要なキャラ : 孫悟空・猪八戒
    水が必要なキャラ : 三蔵法師・玉竜・沙悟浄

 食料と水の補給は、世界各地に点在する家屋の中に落ちている物を拾うか、不死鳥鳳凰に会うしか方法はありません。
 食料と水は、ゲージが満タンの状態で3食分です。仲間の人数は関係ありません。


フィールド


 このモードでは、世界を天竺を探し求めて歩き回ります。
 フィールドではランダムに敵と遭遇し、アクション画面になります。
 世界各地には家、都、洞窟、ワープゾーンがあり、これらを訪れて食糧を補給したり、違う土地へと飛んだりします。

・ マップ上にあるもの

 ○ 家屋


 ここでは水や食糧の補給、村娘や老人からの情報を得られることがあります。どこの家に何があるかは決まっています。
 幽霊屋敷の場合もあり、その場合、幽霊×2を全滅させないと幽霊屋敷からは抜けられません。
 どちらの場合もAボタンでマップに抜けます。

 ○ 都


 建物が六角形に並んでいる中心の建物です。いくつかの都ではコンテニューコマンドを得られます。
 訪れた時に都の名前が分かるので、自分がどこにいるか把握するのにも利用出来ます。
 都に入ると、必ず弓兵×1との戦闘になるので注意しましょう。
 ちなみに天竺の外見は、都と同じです。

 ○ 洞窟・ワープゾーン


 両方とも同じ役割で、海や川で隔てられた、遠くの場所へ瞬間移動します。
 洞窟はマップ上で見えますが、ワープゾーンは見えません。
 怪しげな所へ足を運ぶしか見つける方法はありません。

 ○ タイムドア


 二カ所、「夜」から「昼前」までしか通行できない地形があります。それがタイムドアです。
 タイムドアが画面の中に入った状態では、開閉する時間になっても何も起こらないので、一旦画面外に消す必要があります。

 ○ 火炎山


 天竺へ繋がる道の手前にふさがる障害です。
火炎山を中心とした、2×2画面内に入ると画面が赤く光り、水がどんどん減っていきます。水がなくなると今度は全員の体力までどんどん減っていきます。
 羅刹女を倒せば(芭蕉扇を手にしたかは分からないが)火炎山の火は消えて、安全に通行できるようになります。
 無理矢理通って混世魔王と戦う事もできますが、たとえ混成魔王を最速で倒せたとしても、安全圏に脱出する前に全滅してしまいます。

 ○ 不死鳥鳳凰


 鳳凰と遭遇できる場所は、フィールド上では見えません。遭遇すると、仲間の体力・死亡・水・食糧が全て回復します。死んだ仲間を復活させる唯一の方法です。不死鳥鳳凰は現在4箇所で発見されています。(マップ参照)

 ○ 地形


 通行不可 : 山、木、礫、川、海
 通行可  : 平原,、砂漠、火炎山
 

戦闘


・戦闘モードの特徴

 敵がいる場合は、敵を全滅させないと戦闘から抜けられません
 プレイヤーは孫悟空を動かして、如意棒で敵を攻撃します。空を飛ぶ敵にはジャンプや、角カ斗雲に乗って攻撃します。
 遭遇する敵は、その地方や時間帯によって変わります。
 敵を全滅させるか、家屋では始めから、Aボタンでフィールド画面に抜けられます。人がいる家屋では、この時にメッセージが聞けます。
 戦闘モードではフィールドの4倍の速さで時間が流れるため、食料や水、飢餓状態ならば体力の減りがかなり速くなります。速攻で敵を全滅させる事を考えなくてはいけません

・ 孫悟空の攻撃の特徴

−1−
−2−
−3−
−4−
−5−
攻撃判定発生
効果音鳴る
 
頭上〜後ろに
攻撃判定
大きい敵に有効
上半身手前に
攻撃判定
飛ぶ敵に有効
やや下方向
前に攻撃判定
地面の敵に有効
目の前に
攻撃判定
 

 この攻撃のモーション中は、孫悟空は完全無敵になる。敵の炎や矢を消すことが出来る。
 また、攻撃中にAボタンを押して攻撃すると、モーションを途中でキャンセルして攻撃できる。あまり早く連射しても、感知されないので注意。
 孫悟空の攻撃はリーチが短く、体当たり(重なりに行く)するつもりで攻撃しないとなかなか当たらない。
 また、各コマの攻撃判定は、如意棒の位置に忠実に設定されており、各コマの攻撃判定を有効に活用しないと、特に体の小さい敵に、攻撃がなかなか敵に当たらない。
 テンポよく攻撃を出し続けられるように練習しよう。

・ 龍変化の術

 スタートボタンで孫悟空は龍に変身します。変身には水を1食分消費します。もう一度元に戻るときもスタートボタンです。
 龍変化中は炎を吐いて攻撃できます。
 龍変化中にダメージを受けると、体力ではなく水が減ります(水があっても体力が減ることもある)。水が無くなると、変身は解けてしまいます。弓矢などを連射してくる敵との戦闘中は、水があっという間になくなるので、非常に危険です。
 基本的に、水を大量消費するだけで、龍の炎は戦力にならないので、ほとんど使いません。空を飛ぶ動きの速い敵には、時として有効です。

・ 仲間の援護

 最初から玉龍(馬に化けた龍)、三蔵法師(馬に乗っている僧)が、途中から猪八戒(豚男)、沙悟浄(河童)が仲間になってくれます。

 戦闘中、一番弱い(動きが遅い)敵を倒すと、仲間が援護に来ます(一匹だけの場合は初めから)。仲間はコンピューターが操作します。
 仲間を死なせたくないなら、一番弱い敵を最後まで残すか、仲間をかばいながら戦うようにしましょう。
 孫悟空が死ぬと、仲間をプレイヤーが操作することになります。

・ 仲間の攻撃の性質

 仲間は全員同じ能力で、攻撃はモーション自体が無く、攻撃ボタンを押しても、攻撃判定が自分の体のところに発生するだけで、連射も効かないので、非常に弱い。コンピューターが操る仲間は、ザコ敵と同じアルゴリズムで闇雲に動き回っているだけなので、基本的には役には立ちません。

・ 体力を回復するには

 減ったHPを回復する方法は2つ。

 ・ 食事をちゃんと摂っている状態では、時間と共に自然に回復していく。
 ・ 不死鳥鳳凰に会う(死からも回復する)。

 戦闘中ならばフィールドの4倍の速さで時間が流れるので回復するのが速くなります。クリア時間短縮に利用しましょう。
 孫悟空も仲間も、死んだ場合は不死鳥鳳凰に会うしか生き返る方法はありません。


敵の紹介


・ 敵の動きのアルゴリズムについて

 敵は孫悟空を狙って動いて来るのではなく、ただ単に画面を縦横無尽に動き回っているだけです。攻撃も適当に連射しているだけで、あまりにも大味です。
 敵の動きには2ターンしかありません。空を飛ぶ敵、飛ばない敵です。それぞれに強さの段階はありますが、動き自体は殆ど変わりません。
 敵が複数で現れたとき、同じ種類の敵だとしても、必ず動きの速さの順番があります。一番遅いのが一番弱い敵で、一番速いのが一番強い敵です。動きだけでなく、攻撃方法も異なることがあります(弾を撃つ・撃たないなど)。

 ・ 地上敵
 一方向にしばらく動き続けて、しばらくすると反対方向に向いて動き始めます。強くなると、ランダムにジャンプするようになります。さらに強くなると、孫悟空が角カ斗雲に乗っていると、敵も角カ斗雲に乗って動きます。

 ・ 空中敵
 しばらく地上すれすれの所を横一方向に動き続け、しばらくすると空中の最上部へ斜めに上昇して、またしばらく横一方向へ動き続けます。動きが速い敵や、体の小さい敵は攻撃がなかなか当たらず、強敵となります。

・ 基本的な戦い方

 戦闘で一番大事なのは、ダメージを受けないように戦うことではなく、速攻で敵を倒すことです
 基本的に一番動きの速い敵を重なるようにして追いかけながら殴り続けましょう。他の敵も巻き添えを食らってダメージを受けるので、後始末も速く済みます。
 空中敵はなかなか攻撃が当たらないので、あえて一番動きの遅い敵を速攻で倒して、仲間に援護させるのも悪くないでしょう。
 孫悟空は、ちゃんと如意棒を切れ目なく降り続けていれば完全無敵なので、敵にやられるという心配は無用。

・ ザコ敵編

ダケツ(緑):8
マコウ(白):12
兵士(白):6
兵士(緑):8
兵士(茶):8
竜王 :16 幽霊 :8
一番弱い敵。竜王とつるんでいるときもある。 全編を通してかなりの強敵。弓を猛連射してくる。茶色は金角戦にのみ登場。 耐久力が高く、炎を吐いてくる上、足が速い。真っ先に倒そう。二匹以上同時に出ない。 幽霊屋敷にのみ出現。必ず2体ペアで現れる。攻撃が非常に当たりにくいので危険。
 
河馬男
(カバナリ):3
笑鬼:4 牛魔(茶):10
牛魔(赤):14
岩男
(イワナリ):8
一番強い1匹だけが炎で攻撃して来る。耐久力が低いので、適当に蹴散らそう。。 全キャラ屈指の攻撃の当たり難さで、戦闘が長引く危険性がある。連射を少し緩めて攻撃するようにすると当たりやすい。 堅いだけ。赤が現れたら真っ先に狙う。 砂漠のみ登場。二通りの姿があり、夜の方が強い事が多い。戦闘中には変形しない。足のある形態は弱いが、丸くなっている方は炎を吐いてくる。
 
牛魔王 :22 こうがいじ:12 羽民(いえみん)
赤:6 青:10
偽孫悟空 :8
最強の雑魚。全雑魚中、もっとも体力があり、炎の連射も激しい。多少のダメージも覚悟する事。二匹以上同時に出ない。 足が速く、炎も吐いて来る。二匹以上同時に出ない。 中盤、遭遇する確率が高く、攻撃が当たりにくくて、複数で現れる事が多い、一番面倒なザコ。比較的動きが遅い。 銀角大王との戦闘時のみに登場。角カ斗雲にも乗ってくるが、問題にならない。相手をしていてもきりがないので無視する。
 
・ ボス敵編
銀角大王 :64  金角大王 :64 羅刹女 :10
弱点は頭。銀角は孫悟空に合わせて左右に動いてくる。
角カ斗雲に乗り、画面端に誘導して頭を殴り続ければ、あっという間に倒せる。攻撃する時はあまり連射しないで、4コマ目のグラフィックまで如意棒を振りきるようにすると一度の攻撃で2ヒットし、効率よくダメージが与えられる。 
援護の無限に現れる兵士の矢が激しい が、銀角と殆ど変わらない。兵士は無視して頭を殴り続けましょう。 威勢はいいがあまり強くない。足も遅いので、ガンガン重なって殴っていればすぐに倒せる。一応炎を連射してるので、攻撃が途切れないようにしないと、密着した時に大ダメージを受けるので注意。彼女を倒すと、火炎山の火が消えて無事に通行できるようになる。
 
混世魔王 :160以上
攻撃が当たるのは頭、右手、左手のみ。
モードが二種類あり、最初の形態は手で孫悟空を叩きに来る。手は上下左右の四方向にしか動かない。この時は頭を狙って攻撃する。首の付け根の前を、左右に往復しながら攻撃を連打するようにする(止まっていると座標が合わず、攻撃が当たらない)。
しばらくすると体が消え、頭と両手首が飛来して攻撃してくる。手からは炎が連射される。炎は必ず左に向かって飛ぶ。この時も頭を狙って攻撃すると安全。
しばらくすると再び体が現れ、頭と手が元の位置に戻る。この時、手が戻る位置でタイミング良く手を叩き続けると、手首が元の位置に戻れず、こちらの攻撃がどんどん当たることがある。
これを繰り返す。体力が異常に高いので。長期戦になる事は必至。

ちなみに、最初のモードで首の付け根辺りを攻撃すると、2ヒットする。この位置で動かずに攻撃しようとしても攻撃はスカるが、止まっていると孫悟空自身の攻撃判定が当たる事がある。